災害トイレ「ダンボールトイレ」

 災害トイレの一つ目は、阿波スピンドル株式会社さんの「段ボール製簡易トイレ」。

 このトイレは、徳島の阿波高校の生徒が、「Action!今、私たちにできること」を合言葉に、被災者に少しでも力になりたいという思いで、段ボールトイレを考案したもの。それを地元企業である阿波スピンドル株式会社さんが商品化した。今年3月には、防災啓発活動に取り組んできた生徒二名が仙台の「U−18世界防災会議」に参加し、世界各国の高校生と災害時の備えについても討論している。

 購入は、阿波スピンドル株式会社さんまで。

参考情報

阿波スピンドル株式会社(トイレの話はサイト内にはありません)

段ボール製の簡易トイレ、阿波高生開発 地元企業と商品化【徳島ニュース】- 徳島新聞社 2014/7/19

国連防災会議:阿波高生、独自の簡易トイレ紹介 きょうから仙台で 各国高校生と交流 /徳島 - 毎日新聞  2015/03/14