間伐材、薪にする。

 あったか村のすぐ近くの造林地で、昨年、間伐があった。すぐ近くで運搬がしやすいということもあり、家の薪風呂の薪が不足気味の私にとって、薪にしたいと思い、関係者の方に相談してもらえることとなった。この日は、造林地から一時保管場所まで運搬。量としてはこの写真の10倍以上はある感じ。この後、薪の長さに切って、薪割り機で割って、保管場所で2年近く乾燥させる。ちなみにこれは、桧(ひのき)。