ヒエ抜き作業

 

 久しぶりに田んぼの除草作業。今回は無農薬米の除草作業ではなく、普通の田んぼの草取り。水の取り入れ口付近のための流れが速く、除草剤の効きが悪くなったということだが、田んぼ一面イネ!と思いきや、ヒエがイネと同じ高さまできているとのこと。遠くで見る程度では、稲と稗は、見た目ではほとんど区別できない。これほど一緒とは知らなかったが、なれると簡単。葉の鞘付近に毛があるのが、稲ということだ。作業はひたすら、稗を引き抜く作業。作業の前と後はで、きれいに変わるので、やっていて達成感の得られる作業だ。。。ちょっと遊べるのなら、田んぼ一面に稗は生えさせて、引き抜きながら、ミステリーサークルや絵を書いてみたい。

 

 イネは、葉身(という部分)と葉鞘(という部分)の境目に葉耳という毛が生えている。水をかというけると、水滴がたまるので簡単にわかる。また、田植え機で一定の間隔で植えるのでだいたい見当がつく。ただし、田んぼの角は、田植えの方向を変えたりするので、裏切られることもある。「あ、ここから縦だった。ぬき過ぎてしまった」とかになる。しかし、それが面白かったりする。「お、斜めに向きを変えてるな」とか。